3拍子のキック

前回のまび練で学んだ 三拍子のキック。

まびさんが,「バタフライのキックは三拍子」と言われたのに

???

となったのを覚えています。

その後 練習してその場では 少し掴んだつもりだったのですが

未だ 出来ていません。

次回 それを身に着けるのがテーマ。

この時にブレストのキックも三拍子で練習したのですが

こちらは しっくりきました。

一で膝を落とす。

二でキック

三で水面下まで足を上げる。

これでブレの板キックが速く(あくまで当社比)なりました。

この感覚は 今でも残っていて。

これだけでも まび錬に行った効果はあったと思っています。

一番 速くなりたいバタフライでものにしたい。

二で体が前に乗っていくんだよなあ。

これが出来たら

二バタにも有用だと思います。

長水路の二バタは今年前半の選抜種目(笑)なのですが

まだ今年一度も泳いでいません。

短水路を三月に一度泳ぎましたが

目も当てられない結果でした。

それだけに 長水路はより不安。

六月に二回レースに出る予定にしているので

それを目標に少しづつ練習していこう。

まずは

五月の 辰巳で  100バタです。

良かったら応援クリックをお願いします。↓ぽちっとね!

水泳 ブログランキングへ


 

久々の目鱗‼️

久々の目から鱗体験でした。

今年は

いや今年こそ泳ぎを進化させたい。

その思いでTIスイムのスイムクリニックを受けてきました。

目的は泳ぎの改善テーマを見つける事。


船堀の流水プールで水中水上カメラを使っての小一時間のクリニックでした。

クロール

足が下がっている理由を

ズバッと明確に

しかも納得できる理由を添えて指摘されました。

今まで、入水した手を水面下に伸ばす事で進んでいる気がしていましたが、

それがローリングを妨げて、手がきの泳ぎにつながっていたようです。

いやあ 本当に目から鱗でした。

ローリングを 体幹の切り返しを使って掻く

こんなに楽に泳げるのか

という感じでした。

手が水面近くの高い位置だと足は下がるのが当たり前という事も納得でした。

又 最初に高い位置に手を置いているので

呼吸するときに手が下がるのは必然。

というか下げないと呼吸できない。(笑)

わかっているつもりで、全然わかっていなかった。

それがわかっただけで

大収穫でした。


よーし


速くなっちゃうよ〜(笑)


距離全然わからず。

500mとしておきます。

今月の水泳9回目 泳距離22,350m

良かったら応援クリックをお願いします。↓ぽちっとね!

水泳 ブログランキングへ

Komo3さんのPL

短い夏休み。
木曜日の休みを利用して一礼会のKomo3さんのプライベートレッスンを受けてきました。

ブレストではありません(笑)
Komo3さんはブレストの日本記録保持者で現役のブレストスイマーでもあります。

でも今回はえいじろうの目下のテーマ。バタフライの改善をテーマにお願いしました。

辰巳のサブプールで待ち合わせ。

例によってゴーグルを忘れるというえいじろうのおおぼけ。
でも管理員のところでゴーグルを貸して頂けました。感謝。

先ずは陸上でテーマの確認。
「50と100のバタフライを速くしたい」
「50で40切り,100は1.30を切りたいんです。」
というえいじろうの願望に対して
「50と100のバタフライは泳ぎ方を変えないと100は持ちません」とKomo3さん
50は浅いうねりでピッチを上げるバタフライで泳ぎ切れるけれど100ではそれでは持たないので
ある程度うねりを使って水中で進むバタフライを泳がないといけないということです。

アップを兼ねて200m 175はFr25Fly
それからレッスンを受けました。

水泳は個人差があり又指導される方の考え方もいろいろなので私への助言が
万人に役立つことはないと思いますが
ここは私の水泳日記なので自分の為に記します。

○バタフライ
・泳ぐ前に筋肉に刺激を入れるとキックがちゃんと入るようになる
 少しでいいから腹筋背筋をやる。→練習前の習慣にしてレース前もやる。
 腹筋背筋のやり方も教えて頂きました。

・キックの左右がバラける傾向があるので意識する。

・深いところから掻いているので背中に水を載せて上に上がることに力が使われている。
又水流の抵抗もより大きくなる。
→入水後両手の先を水面に近づける動きをする。
 水面に近い浅いところから掻き始める。
 最初は頭が上がっても良いので手の位置を自分で見ながら泳いでみる。
 試して泳いでみると 掻きがかなり楽になりました。
→慣れてきたら頭は上げないで。

・顔を上げるのが早すぎる。
 頭ではなくて腕で主導して顔は掻きながら頭が上がっていく。

・呼吸時顎を前に出した方が良いのか質問。
→個人差があるのでやりやすい方で。
  えいじろうも意識しすぎて首が痛くなっていたのであまりやりすぎないようにして
  泳いでみたいと思います。

・うねりがぎこちない。
→気をつけキックで練習する。
 キックは水面に足が入るまで我慢してキック。
 脇から下をうねらせる。
→陸上で鏡を見ながら体をうねらせる練習をする。
えいじろう というよりも大人になってから始めた方はここが一番苦手なのかもしれないと思う。
これ 家でも出来るのでしっかり練習したいと思います。

映像でKomo3さんのレース映像を見ながら確認。
・第一キックの後お尻がしっかり水面に出ている。
・上半身が殆ど水面に出たまま泳いでいる。
ここまで真似は出来ませんが,腰を高い位置に保ったまま泳ぐことを意識して
しっかりと体のうねりを使う。
イメージを持ちながら練習です。

○Fr
右呼吸の時に左の差し手が水中深く入っていて体が沈み上下動を繰り返している。
→差し手を水面浅いところで我慢する。
  ボード又はプルブイに左手を置いて片手クロールで練習する。
  右左と練習するとえいじろうの場合しっかりと掻けているのはやはり左手だということが
  はっきりしました。
  こんな基本練習は最近疎かになりがちでした。
  クロールを改善するためにはストロークの基本を身につけなくては。
  とりあえず右呼吸時の差し手の我慢をテーマに練習しよう。

今のバタフライの泳ぎ方で40秒は切れないはずはないという
有難い暗示のお言葉(笑)も頂きましたので,浅目のストロークと体のうねりを使って
腰の位置を高くすることを練習して目標達成を狙います。

約一時間 熱心にわかりやすいレッスンをして頂きました。

Komo3さんありがとうございました。

すぐには結果がでないかもしれませんが次の千葉チャレ。
100バタをエントリーているのでまずここを目標に練習していこう!!

レッスンとレッスン後の自主錬合わせて1500m

今月の水泳9日 筋トレ2日 泳距離16200m



ブログランキングに登録しています。
良かったら応援クリックをお願いします。↓ぽちっとね!

水泳 ブログランキングへ 





リハビリとパーソナルレッスン

月曜日はお休みだったのですが
7時過ぎまで起きられませんでした(>_<)

疲労感が強かったので近くのマッサージ処で一時間じっくり
揉みほぐして貰いました。

その時 利き腕の左側の肩甲骨の方が動きが悪い。力を使って掻いているので
筋肉が固くなり動きが悪くなっていると言われました。

又運動後のストレッチの方がよりしっかりとやらなければ
いけないとも。

運動後のストレッチ。強度の高い練習や試合後、やらなければなあと
思いました。

午後は辰巳へ。
よ予約しておいた大コーチのパーソナルレッスンを初めて受けました。

テーマは、バタフライで 50m 40秒を切るためには何をすれば
いいか?

大コーチは、現在も50Frで25秒を切るスプリンターでバタフライも
当然速い。また かずんこさんご推薦の その人の特徴に合わせての
柔軟な指導に期待です(^-^)

備忘録として書いておきます。

えいじろうのバタフライは、
前でのキャッチは出来ているが、そのまま水を引っ張ってきて
同じ速度でフィニッシュまで掻いている。
きゅっとくる瞬間の掻きがない。
前でも後ろでも構わないので、瞬間的にスピードが上がる
そこを支点に身体を前へ運ぶポイントが必要。

力はその一瞬だけで後は力を入れずに回す。

リカバリーは前へ腕を放り出す。その腕に身体がついていくイメージ。

キックを強く同じテンポで打ち続けるのが肝。
腕はキックのタイミングに合わせて掻く。
第一第二のキックの打ち分けはいらない。

キックは腰を使わなくても良い。膝下だけの今のえいじろうの
キックでもOK!

ヘッドポジションを出来るだけ変えない。
額のあたりで水を切るイメージで、潜らない。

水面を跳ねていくようなイメージで。

この泳ぎ きっつい(>_<)

25までは何とか行けますが、その後は死亡しそうです(笑)

でもスプリントはこういう泳ぎ方がいいのだろうし、えいじろうの
殆ど腰を使っていない使えていないキックでも良いと言うことなので
このイメージで練習して大会でもやってみようと思います。

レッスン後に少し自主練習

本日のスイムは1200

ブログランキングに登録しています。
良かったら応援クリックをお願いします。↓ぽちっとね!

水泳 ブログランキングへ 



@SWIMの新しいホームページ。楽しいです!!


水泳8日 泳距離16300m 陸トレ1日
 



ひぐレス備忘録-背泳ぎ②ストローク

ストローク

 ○まっすぐにリカバリーを上げて頭上に    ○そこから斜め横に小指側から入水

 ○掌の平と前腕を一枚にして後方へ向ける  (エルボーアップ)

 ○そのまま掻く  体の横を浅く掻く     ○そのままえぐって抜きあげ

 ○ 掻いている間中掌の平は後ろを向く。最後まで下向きにならない

○掌の平と前腕をオールにしてボートを漕いでいるイメージ


 進行方向に放り投げるリカバリーはしない。えいじろうはこれだけを順守してきました。
 進行方向に放り投げると肩甲骨が閉じる。

 深く入水して掻きあげてきてフィニッシュでおしりの下へ水を送るS字ストロークはしない。
 クロールと同様背泳ぎもストレートプルに移行してきている。

 ○ヒントはロングプレスダイエット

 ○ ○○骨と○○を近づける

 ○ 胸も腰も逃げずに体幹をしっかりとさせておく


腹筋も下部腹筋を鍛えないと泳ぎに直結しない。腹筋のやり方もアドバイスを頂きました。
これも取り入れていこう!!

えいじろうはストローク時肘が後ろに向いている。肘は前方・上を向く位。

エルボーアップのトレーニングが必要。

ブログランキングに登録しています。
良かったら応援クリックをお願いします。↓ぽちっとね!


水泳 ブログランキングへ 


Team@SWIM3期生活躍中http://at-swim.jp/index.shtml

 
プロフィール

えいじろう*

Author:えいじろう*
千葉に住む大人になってから始めたひよっこスイマー
マスターズ歴九年目になります。
妻と猫1匹と同居中
全種目全距離制覇を目指して日(?)夜練習中です。

最新記事
最新コメント
フリーエリア
FC2カウンター
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新トラックバック