浅 掻きか深掻きか

上級練習
Kコーチは深掻き派。クロールのキャッチは縦に深く立てて
掻いてと指導される。

これえいじろうはほっとくと深くなるので苦にならないが
年上の女性達には大変なようです。

いや そもそもキャッチになってない方が大半でした。

えいじろうは意識的に浅いところを掻くようにして
結果が出たので、浅掻き派です。

河合博士もてこの理論から浅いところを掻く方が
より効率的と言われています。

筋力の強いスプリンターは深掻きOKですが
大半の方は体に近いところを掻くようにした方が
速いのではと思っています。

今日はクロールとバックのキックと
バッタとブレのプルの練習がメインでした。

計1100m

自主トレ
50*4 on1.05 IM/Fr
50*5*4 on1.00
テンポ1.2から徐々にテンポを上げる。
なかなか42までタイムが上がらない。

1.06で丁度良いか!?

ダウン200
計2500m

ブログランキングに登録しています。
良かったら応援クリックをお願いします。↓ぽちっとね!


水泳 ブログランキングへ 


Team@SWIM3期生活躍中http://at-swim.jp/index.shtml


累計31250m 水泳12日 陸トレ3日 チューブ 2日

コメント

Secret

スプリンターの掻き方、というか、わたすが知っているのは、大コーチのやり方ですが(ポポフも映像を見るかぎり、同じ)、
決して深い所を掻いているわけではないです。

入水後に手を深く下げていき、キャッチ時には手は非常に深い所にありますが、そこから手前に引っ張ってきて、プッシュは親指側が体をこするほど浅いです。
この掻き方は、掻く距離が短い気がします(鳩尾あたりから股間まで)。水泳の本には、できるだけ長く掻きなさいと書いてあるのですが……。

オーストラリアンクロール(ソープ、ハケット、孫楊)は、浅い所で、肘を立てて、そのままずーっと押している感じで、掻いている距離が長いなぁと思います。
ソープがおでこでアイーンをするとしたら、大コーチの泳ぎを見ていた私の水泳仲間が「お腹でアイーンなのね!」と叫んだことがあります。まさにそんな感じです。お腹あたりでキャッチみたいな。

大コーチ/ポポフ式は、肩よりも前では何もしません(腕を下げるだけ)
手が頭上にあるときに腕に力を入れると非常に疲れるので、私は手が鳩尾まで下りてから、力を発揮するほうがやりやすいです。

でも、浅い所をサーッと長く掻くと、体がよく浮くと、大コーチもおっしゃってます。

私自身は今のところ、手先を思い切って下げて、腕全体(上腕にも)水をあて、脇を締めたら、腰の回転を使って、股間から足先に向かってトーンとボールを突いてやる、というイメージで練習しています。これは、そんなに腕力を必要としません。押すときは腹筋を使うので。

とはいえ、この掻き方も完成形には程遠く、どんぴしゃ自分に合っているかもわからず、今後まったく変えるかもです。

かずんこさんへ

コメントありがとうございます。

入水後に手を深く下げていき、キャッチ時には手は非常に深い所にありますが、そこから手前に引っ張ってきて、プッシュは親指側が体をこするほど浅いです。
この掻き方は、掻く距離が短い気がします(鳩尾あたりから股間まで)。水泳の本には、できるだけ長掻きなさいと書いてあるのですが……。


大コーチの掻き方も恐らく理にかなっているのだとは思いますが,深いキャッチの位置から掻き始めるのと浅い位置から掻き始めるのでは必要な力が違うと思います。支点からの距離が短い方がより少ない
力で掻き始められるので。

とーんと深い位置まで手を入れてそのままキャッチがなく棒掻きになっているのは論外として。

その人の体格や筋肉量,スプリントかディスタンスかによって様々なのでしょうね。

私の場合は浅目のキャッチから掻く方が軽く回せるのでロング向きかなと思っています。
かずんこさんの仰るスプリント向けの掻き方も試してみたいと思いました。
情報ありがとうございました。

水泳は奥が深くて楽しいですねv-290

私は、以前は、浅く、早い段階のキャッチを目指していたのですが、キャッチできないことがわかり、すーっと下げた後、深いキャッチをするようにしてタイムが伸びました。キャッチとその直後は重いですが、コンティニュアスで泳げば、直ぐに逆側の手が下がり始める段階が来ますので、逆側の肩が直ぐに下がり始めるので、肩が上がってきて、プッシューフィニッシュは、かなり浅いところをかくことになります。深くかくか、浅くかくか、これは、タイミングと密接に関係すると思います。キャッチアップに近い泳ぎで深くかく意識を持つのは難しいと思います。結局、どっちがむいているか、というところに尽きるのでしょうか。

yfmiura さんへ

コメントありがとうございます。

そうですね。キャッチアップに近いタイミングですと浅目のキャッチから掻くが合っているし
コンティニアスのタイミングですと深めのキャッチの方が合っているように思います。

いずれにしろ 実際に掻いている深さは体に近いところを掻く方が速いのでしょうね。
体の構造上,深いところを掻き続けるのは棒掻きにしない限り無理ですし。

あれやこれや言いながら プールで試してみたいなあと思いました。
プロフィール

えいじろう*

Author:えいじろう*
千葉に住む大人になってから始めたひよっこスイマー
マスターズ歴九年目になります。
妻と猫1匹と同居中
全種目全距離制覇を目指して日(?)夜練習中です。

最新記事
最新コメント
フリーエリア
FC2カウンター
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新トラックバック